クロマチックとは、「半音階」を意味します。

 

 

 

クロマチックハーモニカの横にレバーがあり、このレバーを押すことで半音上の音が出ます。

 

 

 

複音ハーモニカやブルースハープは、この半音階を出すことができないので、

 

 

 

曲によっては違う音階のハーモニカを持ち替えて演奏することになりますが、

 

 

 

クロマチックハーモニカは一本だけで全ての音階を演奏できるのです。

 

 

 

クロマチックハーモニカは、穴が12個あるものや16個のものなど種類がありますが、

 

 

 

半音階を含めると、4個の穴で1オクターブの音を出せるため、

 

 

 

12穴で3オクターブ、16穴なら4オクターブの音を出すことができます。

 

 

 

穴の数によっては、ギターやバイオリンよりも広い音域を出せ、音楽のジャンルを問わず、

 

 

 

どんな曲でもクロマチックハーモニカが1本あれば、演奏できてしまうのです。